昨日、豊中商工会議所にて
中小企業向け制度融資フェアが
開催されました

冒頭に基調講演として東川先生による
「銀行の融資を3倍引き出す!
小さな会社のアピール力」
をテーマに講演いただいた後

池田泉州銀行、近畿大阪銀行、京都銀行
摂津水都信用金庫、十三信用金庫
大阪市信用金庫の、6金融機関が集まり
中小企業経営者の方が融資を利用する際には
どのようなものが最適な融資であるのかについて
ご紹介いただきました


その後「金融機関の本音が聞ける!」を
テーマに、テーブル交流会が
6テーブルで行われました

各テーブルごとにファシリテーター
という進行役がつかせていただき
金融機関の方と一緒に
各テーブル13~15分ずつ
ディスカッションを行い
その後次のテーブルでディスカッションを
行うことで、各テーブルとも
6金融機関ともお話を伺えるという
スタイルで進められました

私も銀行同行サポート行政書士
銀行同行サポート司法書士として
銀行同行税理士の方と一緒に
ファシリテーターとして
参加させていただきました


金融機関の敷居は高い!
と思われがちですが、実はそうではなく
定期的な交流と情報交換が重要です

今回の交流会では地元の企業の皆様と
地元の金融機関の方の交流がなされ
関係の強化が図れたのではないでしょうか

このような交流会が定期的に
開催されると、金融機関との定期的な
情報交換のきっかけとなり
結果として、いつか資金調達を行うときに
きっと役立つのではないかと思います

こういったことの積み重ねが
中小企業の活性化に
繋がるのではないかと思われます