先日、ビジネスコミュニケーション研究会
に参加して参りました

同会では、月に一度会員が集まり
各自持ち時間数分で「すべらない話」を発表し
発表終了後は他の参加メンバーが
発表者の話題について話しをひろげたり
もう少し踏み込んだ会話をしたりする事によって

自分の話しを、いかにうまく、面白く伝えるか
いかにコミュニケーションをとるか
ということを研究しておられます



我々自信が経営者として、クライアント様と
お話しさせていただいたり
日常生活でさまざまな方と会話をしたりする際には
双方向の繋がりと、いかに的確かつ効率的に
かつ分かりやすく情報を伝えるか
また、情報を聞き取り、会話から情報の意図を
汲み取り、お話を引き出すかという
コミュニケーションのスキルは重要と思われます


ビジネスコミュニケーションといえば
個人的にはNLPやコーチング
ファシリテーションの他
ロジカルコミュニケーションや
プレゼンテーションに関す
分野とスキルが思い浮かびます

後は…マナーの研修や笑いに関するスキル
それからADR等の研修で用いられる
メディエーションもでしょうか



さまざまな方と関わりを持つなかで
自身の情報を正しく相手に伝えるとともに
相手の話に傾聴し、情報を正しく認識することは
情報交換だけでなく、人間関係を築くうえでも
重要と思われます


今後も皆様に感謝しつつ
こういった分野にも研鑽を重ねたいと思います