昨日は大阪司法書士会家族法研究会の
座長と副座長が集まり、標記研究発表会の準備会がございました
私も、今期は副座長にご指名いただいてますので
当日の進行確認と資料確認等を行いました

先日もブログや日記で書かせていただきましたが
来週、平成22年11月27日(土)
大阪司法書士会館にて
大阪司法書士会と近畿司法書士会連合会共催
日本司法書士会連合会後援による
「遺言を巡る諸問題」
に関するシンポジウムが予定されています

現在の申込み人数は500名を越えているようです
当日、司会のお役目があるのですが…
大阪司法書士会館の収容人数から考えるとかなりの人数です
昨年もかなりの人数でしたが、今年はさらに多くなりそうです


当日は、大阪司法書士会の家族法研究会の研究員と
大学教授の方、他会の司法書士等が
遺言、遺言執行等について判例、学説などを検証し
遺言において司法書士実務はどうあるべきか
といった課題を検証します

私も司会用の進行シートを見直さねば…(汗)