8月3日は司法書士の日です


日本司法書士会連合会が
平成22年6月第72回定時総会において
8月3日を「司法書士の日」として制定しました
早くも、主に同業者や士業の先生方で
話題になるのですが「8月3日」は
語呂等で選んだわけではないそうです


明治5年(1872年)8月3日太政官無号達にて
司法職務定制が定められ「証書人・代書人・代言人」の
3つの職能が誕生いたしました

その後、大正8年に司法代書人法が制定され「代書人」は
裁判書類を作成することができる司法代書人(司法書士)と
裁判書類以外を作成できる一般代書人(行政書士)に
分けられることとなりました

司法書士の日は…この大正8年ではなく
司法書士制度の前身である「代書人」制度が誕生した
8月3日を記念日とし、司法書士の日としたそうです

因みに、証書人は現在の公証人
代言人は現在の弁護士にあたります


まだ当日になっても、個人的にはピン!と
きているわけではないのですが…
まずは8月3日といえば「司法書士の日」と
自身も同業者の方も、広く世間の皆様も
感じる日がくることとを信じつつ(?)
今日もこれからも頑張ってまいりたいと思います