アイフルとの過払い訴訟の判決後,アイフルから訴訟費用を取り返しをやります。

アイフルとの過払い訴訟:判決後の対応
アイフルとの過払い訴訟:控訴審判決と強制執行
アイフルとの過払い訴訟


和解と判決の違いとして,この訴訟費用の裁判というのがあります。
過払い金の請求と並行して,訴訟費用の負担割合を裁判所に決めてもらうわけです。
この費用は,裁判所に支払った金額と,裁判所への出頭の為に要した費用が中心です。

司法書士や弁護士の報酬については訴訟費用に含まれません。
これを相手方に請求するには別途,損害賠償として請求する必要があります。
ちなみに私が代理人として進めた訴訟で,司法書士費用について損害賠償請求をして,一部認めてもらったことがあります。5000円だけですが・・・

アイフルとの訴訟は判決になるので,判決が出た後に「訴訟費用確定処分」をする必要があります。
これは,判決で訴訟費用は,原告と被告の負担割合を定める格好で判決が出ます。
「訴訟費用は,これを10分し,その1を原告の負担とし,その余を被告の負担とする。」といった形。
原告の負担は10%ということですが,これだけでは訴訟費用の総額が分からないので,相手方からいくら取り返せるかわかりません。

なので,訴訟費用の総額を決めるため,訴訟費用確定処分をします。
実際に掛かった費用を裁判所に問い合わせして確認し,申し立てるわけですが,この中でもっとも大きな割合を占めるのが出頭日当。1回3950円が訴訟費用として認められます。
また裁判所への交通費も請求できます。これは結構ややこしいので割愛。金額的な割合も小さいので。

申し立てると訴訟費用確定処分として,原告と被告に送達されます。
このコピーをアイフルにfaxすると,割とすぐに振り込まれてきます。

アイフルの訴訟は長期化することが多く,結構バカにならない金額が返ってきます。
ということで,先日とった判決が確定したので,これから起案しようと思います。

事務所のHPへ