司法書士に売買決済や遺産分割による相続登記を依頼されたことのある
方は、実印を押す際に印影がはっきり分かるように押して下さいと注意を
受けたことがあるかもしれません。

いろいろな場合で過去に「印鑑を押す」という行為をされてきたと思います
が、登記関係の書類に「実印」を押す場合ほど印影に気をつけなければ
ならない
ことはないと思います。下記に理由を記載します。

登記書類に実印を押す場合は印鑑証明書の提出が義務付けられている
場合です。では印鑑証明書はどのような場合に要求されるのか。基本的
には当該不動産について、その登記することによって、その人が形式的に
利益になる場合です。(例えば売買による所有権移転の売主(登記義
務者)や遺産分割協議書で該当不動産を相続しない人など)登記をする
ことによって不利益になる人は意思確認を厳格にする必要があります。
そこで書類に実印を押してもらうことによって意思確認をし、その印鑑が
実印かどうかを判断するために印鑑証明書が必要になるというわけです。

上記のように実印+印鑑証明書で重要な意思確認をしますので、書類
印影が
印鑑証明書の印影と同じかどうか確実に判断できなければなりま
せん。
そのため委任状等の実印の印影が欠けている・にじんでいる等
判断に不十分な場合は法務局は登記の申請を通してくれません。
司法書士が印影について細かく注意をするのはこのためです。

逆に印鑑証明書が要求されない場合は、その登記することによって、その
人が形式的に利益になる
場合です。(例えば売買によるお所有権移転の
買主など)この場合は意思確認はそれほど厳格にする必要がないので、
書類の押印は認印で問題なく、実印の判断をする必要がないので印鑑証
明書は不要になります。多少欠けていたり、にじんでいたとしても印影の
判断をする必要がないので問題ありません。

このような事情がありますので、実印を押す際は「印影」についてのご理解と
ご協力をよろしくお願いします。

事務所公式サイト
http://www.tsujidou-shinmachi.jp/profile.html