最終的には当然司法書士が権利書を確認しますが、
まず本人に簡単に確認していただくケースもありますので、
基本的な権利書の判別方法を下記に記載します。

物件の登記事項証明書(登記簿謄本)ご用意いただいて、
自分が購入(移転)したところの記載を確認します。

次のような記載があるはずです。

所有権移転|平成□□年□□□□日受付第□□□□□□
所有者 住所何某 自分の氏名

ここの受付何月日と受付番号が判別に必要になります。

現在権利書は下記の二つの種類に分かれてます。
昔の権利証と平成17年頃から代わりに発行されている登記識別情報です。
それぞれに分けて説明します。

昔の権利証
 表紙をめくると申請内容(所有者、物件の記載等)が記載されています。
 その最後に「登記済」と赤く四角いハンコが押されている箇所があるはずです。
 そのハンコの中に受付何月日と受付番号が記載されていますので、それが
 先ほどの番号と同じかどうか確認します。
 同じであればそれが権利書になります。
 
登記識別情報
 平成17年頃から権利書の代わりに発行されています。
   特徴は下側に緑のシールが貼ってあり、12桁の暗証番号が記入されています。
   紙ではなくその暗証番号自体が権利書となります。
   上側に登記をした情報の記載があり、受付何月日と受付番号も記載されて
 います。それが先ほどの番号と同じかどうか確認します。
 権利書と違うのが登記識別情報は物件ごと、申請人ごとに発行されますので、
  上側の登記をした情報の記載でそれらも合わせて確認するようにして下さい。

以上簡単な確認方法を記載しましたが例外もありますので、最終的には必ず
司法書士に確認してもらうようにして下さい。

事務所公式サイト
http://www.tsujidou-shinmachi.jp/faq_kenrisyo.html