一般の方の相続の相談を受ける際によく
「Aさんは相続を放棄しましたので・・・・」という
お話をお聞きしましすが、経験上この場合内容
は2つに分かれます。

①「相続放棄」の申立てをした場合
  家庭裁判所に「相続放棄」の申立てをして
  認められるとその相続について相続人ではなくなります。
  つまりプラスの財産もマイナスの財産も一切相続しなくなります。
  (言い換えるとその人には関係なくなります。)
  通常マイナスの財産が多い場合に利用される制度です。
  上記文面をそのまま解釈するとこのことに該当します。

②「遺産分割」をした場合
  相続財産について具体的に財産を分けることです。
  例えば相続人がA・B・Cの場合、その3人で話し合いをして、
  被相続人の甲土地はAが相続すると決めることです。
  このケースで遺産を相続しないB・Cについて「相続」を
  「放棄」したという表現される方がいらっしゃいます。
  つまり遺産分割で財産を分けたことを「放棄」という言葉で
  伝えようとしているということです。
  
相続の「放棄」と聞けば、普通は①に該当します。
専門家に相談する際は②のケースは「放棄」という言葉は
使わず、「分割協議をした」と説明をすれば内容が正しく伝わり、
その後の相談もスムーズになるかと思います。

事務所公式サイト
http://www.tsujidou-shinmachi.jp/faq.html