行政書士の古い報酬本が出てきました。正確には「業務報酬額標準取扱要領」と書かれています。平成元年と平成7年、平成9年と平成11年の4冊です。この報酬本を見ると、農地3条許可書の報酬はどんどん上がっていくけど、私はこの報酬に追いつく事が出来ずに、上がってもまともには取れませんでしたね。廃業されたライバルの先生は、私と違って薄利多売方式ですからね、そんなに苦にはならなかったと思います。薄利と言っても私と千円違うだけですけどね。私も薄利多売方式でやりたかったですよ。しかし、この先生とは事件数が違いますからね。私よりたったの千円安くして仕事が多いのですからね、たまらないですよ。ライバルの先生の事務所では3条許可書など毎月10件以上はあったと思いますね。私も税務課でチラッと価格通知書の束を見たことがありますからね。まとめてとりに来ていましたけど全部で10枚以上はありましたよ。ほんとにたったの千円安いだけで大負けですわ。通りすぎて行く私を見て、笑いながらどうだ凄いだろうという顔をしていましたよ。私も本来は負け戦をしないタイプですけどね。動物占いだとコアラになりまして、コアラは負け戦はしないタイプだそうです。私も負けたくはないですが、だけどこの先生にはかないません。全く関係ありませんが、役所広司さんも動物占いだとコアラになっていました。仕事の多い役所広司さんは分かるけど、口コミ攻撃で私には仕事がありません。1千円で高い司法書士だと言う口コミは絶対やめて下さい。本当は書類作成では私の方が2千円やすいのですからね。お願いしますよ。梅沢富美男に言わせれば、「ばばー口コミはやめろ」ですよ。    ちなみに、廃業されたライバルの先生の動物占いはなんと、サブちゃんと数日違いですが、同じ虎でした。動物占いでは虎が最強だと書いてありましたので、勝てない訳ですよ。うちの弟も調べましたが、びっくり虎でした。

 

 過去にこのブログで話しましたが、廃業された先生からの紹介話を、もう一度まとめて話します。廃業されたライバルの先生の所に行った相続登記の相談者の方が3組いました。3組の方は全員私の処へ来ました。ライバルの先生に紹介されて来ましたと言っていました。渥美町の皆さんライバルの先生と私の相続報酬はコラボレーション(夢の競演)しているのですよ。全く相続報酬の算出方法が同じなのです。この先生は私の相続報酬を研究し、私と同じ報酬にすれば、川崎に勝てると思ったのでしょうね。田原の先生の皆さんは3条許可書の報酬は全員違いますよ。私が田原町内でやれば絶対勝ちますよ。相続でもざっくりとした報酬ですからね、絶対私が勝ちます。ライバルの先生も私のざっくりとした相続報酬に魅せられ虜になり、コラボレーション(二人三脚)したのですからね。田原の先生には絶対負けませんよ。やはり広告を入れて地元民に知らせなければだめですよね。先日税務課で調査士の山田先生に「広告を入れてもいいよね?」と言いましたら、「いいのではないの」と言われました。旧田原町内の先生は自信に満ち溢れていて苦労などないみたいですね。羨ましい限りです。よし、朝刊にチラシを入れる事に決定です。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村