「これ潜って採ったのですか?」と私もびっくりして聞いたところ、「私が潜れるわけがないでしょう」と答えられました。そうですよね、失礼ながら腰が少し曲がっているくらいですからね。こんな大きいのは太平洋岸でなければ育ちません。時々亜鉛の補給のために私が採る岩牡蠣は三河湾の波も穏やかな内海で採る小さなやつです。しかしこんな大きな岩牡蠣を頂けるのはうれしいですね。少し大袈裟ですが、司法書士冥利につきます。「結構波が強かった」と言っておられました。小柄な体でそれも女性ですよ、結構強い波を体に受けながら命がけで採られたようでした。とりあえず事務所の前で牡蠣の割り方を教えて頂きました。茹でると余計に硬くなって閉じこもるそうです。だからかなずちで端を割ってナイフで貝柱を切って取り出した方が良いとのことでした。大きいですよ一番大きいのは手のひらぐらいありますよ。私が採るやつはせいぜい薬指ぐらいですからね。ぜんぜん違います。私も山菜採りに関しては誰にも負けませんが、このおばあちゃんには完全に負けました。事務所の玄関で、でかいのを生で二つ頂きました。たいへんおいしゅうございました。全部で15個ぐらい頂きました。帰りにいつもぶっちゃけ寺でお世話になっているお父さんにも4個ほどバケツから出して渡しました。食べ方は知っているそうです。このお父さんにも亜鉛の補給をしてもらい、ぶっちゃけ寺の住職として長生きしてもらいたいですからね。  本当においしいものをありがとうございました。  合掌

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村