2013年 7月の記事一覧

«Prev1Next»
13年07月31日 16時24分46秒
Posted by: kawasaki
 やはりその先生は廃業されても人気があり廃業されて5年以上経過していますが、公正証書遺言書類を持った相続人の方が大人数(6人)で、訪ねて行きました。当然地元の人であり、廃業を知っていますので、登記はできないということで、どこで相続登記を依頼すればよいか尋ねたそうです。それで「川崎でやってもらいなさい」と言われて私の事務所に来られました。もしも田原町内の他の先生の名前を挙げれば当然その先生のところへ行ったと思います。 昨日の敵は今日の友か、この先生は当然私のことは性格から報酬まで何から何まで全て知っており、報酬が高いか安いか、正しいか、不正か全て知り尽くしています。勿論私もこの先生のことは、性格も実力も全て知り尽くしています。領収書の書き方の癖も知っています。当然です。実録渥美司法書士戦争の当事者だったのですからね。その内実を知っているから私を紹介したんです。もし私が悪意に満ちた司法書士なら誰が私のところを紹介など絶対しませんよ。渥美町の方は私を嫌って、田原町や豊橋市の先生に登記を依頼に行きますが、廃業した先生は私を指名してるんですよ、私が一番いい先生と言ってるんですよ。だから町外など行かずに、私のところに来てください。お願いします。あなたが町外の先生のところに行けば、あそこには川崎先生がいるのに馬鹿がネギを背負ってやって来たとおもうだけですよ。馬鹿なことはやめて、廃業した先生が勧める私の事務所に来てください。ましてや渥美町外の先生のことはこの廃業した先生は、どのような人たちかは全く知らないと思います。この先生は結構外の方とのつきあいがあまりなかったですからね。だから色々な情報を手に入れることが出来なかったと思います。廃業した先生の実力は直球とカーブとスライダーとホークボールぐらいあったと思います。でも私にはあの先生にはない魔球と呼ばれる球が一つあり結構これで依頼者の方が廃業した先生が出来ないと言われた登記をこっそり完了させていました。今廃業した先生が来られたら教えるかもしれません。えっ、そんな魔球は知ってるって、恐れ入りました。そうですね大部分の先生方は知っていますよ、そう思います。わが事務所にはそう言う仕事しか来ないもんですからね、魔球を磨いていなければ絶対だめだったんです。勿論、私にも厳しい魔球の使用のルールがありますからご安心ください。私はぶれない司法書士です。ルールは守ります。
 
八重の桜の主人公の山本八重→川崎八重→新島八重役の綾瀬はるかさんも言ってました。 「ならぬことはならぬものです」 右の言葉の意味「右の条文は堅く守るべきものです」

 尚、大人数の遺言公正証書相続登記は今年の4月の話です。分割登記で結構な事件数の登記でした。7月26日に貰って来た書類の中に持分放棄登記があり、その時の共有相続登記を持分放棄して単独名義にしたので、このブログを書く気になりました。

 廃業した先生、これからも紹介お願いします。馬鹿な町民を作らないようにしてください。
13年07月31日 11時10分08秒
Posted by: kawasaki
25日に支局から電話がありました。結構めんどくさい相続登記(連件で7件)でしたが、大至急やってくれると言うことで、翌日の26日の10時には全部登記完了になりました。26日の夕方新しい申請書を提出しながら登記書類を貰いに行きました。後から出していた、16日付けの登記も全部終わっていました。支局が遅れを解消したかは分かりません。このブログを書いて支局を急き立てているつもりはありませんので、その点はよろしくお願いします。私はあくまで支局の味方です。そうです、私はあくまで幕府方ですのでよろしくお願いします。そのため支局の方が面倒な余計な仕事を増やさないような書類作りに徹しています。例えを出したいですが、色々な都合もありますので書けません事をお許しください。これを見て、法務省がオンライン減税の復活をしていただければいいなと思います。まーないか。取り急ぎ、遅ればせながら報告します。

» 続きを読む

13年07月24日 11時28分02秒
Posted by: kawasaki
 オンライン減税がなくなってからは、豊橋支局の登記事件処理が遅れに遅れて今後の先行きがまったく読めません。私は少しでも登記所の負担にならないようにどんな登記でも今後ともオンラインで申請するつもりです。本当は書類申請の方が、とんでもないミス(?)は少ないと思いますがね。6月26日に提出した相続ですが、持分の関係で全部で7件(一部保存)提出していますが、まだ調査中とのことでした。この様子では1か月以上はかかりますね。減税がなくなってからはみなさんたぶん、かなりの人が、書類申請に切り替えていると思います。私が調べたところ、去年の今頃よりは今年の方が、事件は少ないです。そのため事件処理が遅れることは考えられません。書類申請だと完了書を作るのに手間がかかるんではないかと思います。物件をいちいち打ち込んで(たぶん、見たことはありませんが)いかねばなりませんからね。書類申請の完了書はなしにしたらどうでしょう。オンライン申請しないなら識別情報もやめたらいいと思いますよ。今後は昔のように登記済証に戻るのです。私、他の先生の登記識別情報書類(相続)をみたことがありますが、識別情報がホッチキスで綴じてあるだけで、面積地目などは載っていませんでした。せめて申請書の写しだけでもコピーしたらいいのにと思います。その点、私の登記済書類は至れり尽くせりです。全部分かります。平成20年の1月に他の先生が共有相続の土地だけを落としたので私のところへ持分相続を頼みに来た仕事がありました。オンライン申請書の写し、完了書、識別情報は穴を開け、相続図を1枚作成し、相続書類も穴を開け、登記情報閲覧書類、価格通知書の写し等に穴を開け、全部ファイルに綴じて渡しました。これを貰った依頼者の方は、依頼者の方の近くに住むこの仕事を紹介した私の同級生に言いました。「他の先生のは封筒に識別情報を入れて渡されただけだけど、川崎の書類は色々なものが、バラバラにならないようにしっかりと綴じてあった」と驚いて言ったそうです。このぐらい見せないと本当のことは分からないものです。おっととっと、又、余計なことを言ってしまいました。

 と言うことで、登記が遅れていますので、みなさんもオンラインでお願いします。

 尚、以上のことは、あくまで私の見解ですのでよろしくお願いします。

» 続きを読む

13年07月21日 13時45分51秒
Posted by: kawasaki
昨日(土曜日)の1時半に集会所に来てくれと金曜日に電話がありました。もしかして歌がうまいとゆうことで、敬老会の歌手としてデビーするのかと思いました。それで、土曜日の昼1時半に集会所に行きました。町内の3役の方と民生委員でもあるいつもの顔見知りの女性が待っていました。どんな話をするのかなと思っていましたら、民生委員になって欲しいとのことでした。私も前に民生委員になってもいいよ、なんてことを言っていましたので、それで話を聞きたいとのことでした。民生委員もそんなに難しい仕事ではないと思っていましたので、軽く言っていた次第です。ところが月に1回は平日に出席する必要があるとか、小学校や中学校の卒業式にも出席するとか、平日に1泊旅行があるとか、近くの神社等の祭りごとには必ず出席するとか、町内にいるシングルマザーが年1回はあなたにハンコを貰いに来る話なども聞きました。夕方からは絶対家にいなければならず、聞けば100日ぐらいは束縛されるようなことも言われ、これは私のように仕事をしている人には全く向かない話だと思いました。定年退職して全く仕事の無い人が頼まれてする仕事だと思いました。1年間のボランティア代は13万円だそうです。前に国勢調査員をしましたが、市営住宅などの面積などは先に入れておいて、私が書けるところは全部書き、書く人の手間を省いたりして,合理的に仕事を進めて5万円と消費税をプラスした報酬を頂きましたが、70世帯の調査で町内の中では私が一番早く終了し、市役所に提出しました。遥かに、国勢調査員のほうが楽だったですよ。民生委員の任期は3年だそうですが、出来ませんとはっきり断りさせて頂きました。

» 続きを読む

13年07月18日 13時16分12秒
Posted by: kawasaki
 先月6月30日(日曜日)に町内会のバス旅行に行きました。目的地は奈良の大仏殿です。朝7時に衣笠市民舘に集合して出発しました。いつものメンバーが多かったですが、元会長さんの大谷さん夫婦と神山さん夫婦がいなかったのでちょっと寂しかったです。いつものように後ろの車座に座れる宴会用座席に座りました。考えてみたら去年と全く同じ場所です。ただ去年は、私の隣には若いお兄ちゃんが座っていましたが、今年は欠席でした。替わりに私と同年輩の方が座りました。この方は毎年旅行に行く方です。最後尾の座席にいつも座って、私が歌うと後ろで私の歌を「うまいなー、うまいなー」と、歌ってる最中に褒めてくれる、歌のうまい野田さんがいないのは少し残念でした。しかし今年は町内に住んでいる外人女性がバスに7時ぎりぎりで乗ってきており、嬉しかったです。しかし今回は一緒に男性を連れてきておりびっくりしました。トイレ休憩のときなにげなく男性との関係を尋ねたところ、外人女性は「名古屋に住んでいるいとこです」と答えてくれました。この外人女性は、時々バス旅行に来てくれて車内を盛り上げてくれて、とても楽しくさせてくれる人であり、近くのスーパーで会う時もあり、気さくに笑顔で挨拶するほどの顔見知りです。この外人男性は背が高く体格も良くまるで中日ドラゴンズへ入団に来た選手みたいで、ほんとに格好がいい男です。話を聞くとボーイング社の技術者だと言うことでした。787の関係で名古屋に来ていたのかも知れません。外人女性はいつも後ろの宴会用座席に座ってくれますが、今回は前の方に2人で座りました。バスは7時に出発しました。いつものように頻繁にトイレ休憩をしながら高速道路を走りました。滋賀県の大津市で琵琶湖前のホテルの宴会場で昼食(バイキングではなく御膳です)になりました。ここで私は1曲歌いました。歌はクールファイブの「逢わずに愛して」です。勿論原曲キーで歌いました。歌い終わると意外と拍手があり少し驚きました。みんな食べるのに忙しいと思ってましたからね。その後もう1曲歌いました。「涙こがした恋」です。この歌はユーチューブで2カ月前に覚えました。なんとあの「長崎は今日も雨だった」のB面の曲(1962年2月)です。ちなみにバスのカラオケ本には載っていませんでした。カラオケ本も、1センチぐらいの厚さしかないですから、あまり人気の無い曲はありませんね。実を言いますと、「長崎は今日も雨だった」は私の18番かも知れません。去年の敬老会にラジオカセットの当番をやらされましたが、自宅から持ってきた、カセットやCDをかけたりして、ステレオプレイヤーの調子をみました。その時この曲が流れましたので、ついついマイクで歌ってしまいました。炊事室から組長さんの女性たちが飛び出してきました。私が前川清だと思ったかもしれません。それだけ歌いこんでいるんです。勿論、前川清先生は今ではキーが5は出ませんが、どういうわけか、私はまだ声量もありキーも5で歌えます。実を言いますと、全盛期のクールファイブそっくりに歌います。コロッケのものまねではなく、歌まねです。今では自分の歌い方があり前川清先生とはチョット違います。本当に聞かせたいぐらいです。支部総会の2次会のスナックに行った時など過去何回か歌いました。曲の1番、2番、3番と歌い終わる度に大拍手です。これだけは誰にも負けない物を持っているのは、うれしいですね。食事の後は京滋バイパスを通って、鹿のいる奈良公園の東大寺・大仏殿を見ました。ミーハーですので柱の穴(大仏様の鼻の穴の大きさ)も通り抜けました。それから帰路に着くバスに乗りました。帰りもカラオケかと思いましたが、この美人バスガイド(本当に美人です、去年も美人バスガイドさんでした)さんはあまり歌が好きではないようでした。信じられませんが、普通バスガイドさんに歌を歌って下さいと言いうと。待ってましたと歌うものですが、後ろにいた客の一人がこの美人のバスガイドさんに注文しましたが、結局1曲も歌いませんでした。私も帰りに1曲だけ歌わせて頂きました。勿論クールファイブの歌で「西海ブルース」です。ここからがこのタイトルの本題に入ります。このカラオケ本の西海ブルースのキーのところがなんと2になっていました。原曲キーは5が正しくこのカラオケ本の秘密を知ることが出来ました。たぶんキーの2と言うのは前川清先生が今歌えるキーだと思います。私も勿論、このキーで歌えますが、やはり原曲キーで歌わなくては、何のために事務所のパソコンのユーチューブで原曲キーで歌を習ったか分かりませんので、キーを5に上げるように頼みました。すると、この美人バスガイドさんは少し私を見下したのか、少し笑いながら分かりました上げますよと言って、原曲キーの2から上げ始めました。テレビ画面の左上のところに+3、+4、+5と表示されて5になりました。私の隣の方もみんな見ています。マイクで私が話を進めていますからね。私もこのキーとカラオケ店の原曲キーと同じかどうかは歌わないと分かりませんので少し心配でした。しかし、歌って分かりました。原曲キーの5に間違いありませんでした。「西海ブルース」は昔から知ってる歌で歌うことが出来る歌です。しかし、1年以上前にユーチューブで当時の原曲キーの5で歌っている内山田洋とクールファイブの前川清先生の歌を聞いてびっくりしました。歌の最後のところが裏声になって歌っており驚きました。それで早速、私もこの裏声に挑戦しました。試行錯誤の末、そして裏声が出るように歌うことが出来るようになりました。実を言いますと、ここだけの話ですよ、誰にも言ってはいけませんよ、キーの5でないとあの裏声はでないんですよ。キーの3,4ではだめなんです。そしてこの裏声で1番、2番、3番、を見事に歌い切りました。自分で言うのもなんですが、ものまね度は120点ですよ。隣の同年輩の方が、「今まで歌のうまい人の歌を色々聞いてきたけど、今日の歌のうまさは特別だな」と言っていました。ところが拍手がないですね、あまりの素晴らしさにみんな沈黙してしまったみたいです。その後はビンゴゲームを2回やって時間をつぶし家路へとバスは走りました。

 
 みなさんも原曲の西海ブルース(1977年2月5日リリース)を原曲で聞いてください。のどがまだやわらかい前川清先生の全盛期の歌です。
西海ブルース 内山田洋とクール・ファイブと打ち込めば出てきます。歌の最後のところの裏声が聞けますよ。


» 続きを読む

13年07月10日 12時58分05秒
Posted by: kawasaki
 今日は日本全国雲一つない青空みたいですね。遠くは分かりませんが。
 私の田原市の空も雲一つない青空です。100回を祈念(記念とは書きません)して誓約します。
大地震が起こる地震雲をこれからは(もう前から見ています)必ず空を毎日見て地震雲を確認します。つまり、大地震が来る前に、地震雲を見て、早速このブログに載せます。そして渥美半島に押し寄せる大津波が来る前に、体を張って、地元自治体に話をして、今日か明日来るか分からないが、避難しておけるように、説得します。そうです、私が嵐の中の難破船に向かってただ一人で松明(たいまつ)を持ち、難破船に向かって、ここが一番良い陸地だと松明を振ることにしました。このようなブログを書けることは幸せです。阪神淡路大震災の時は大地震が起こる地震雲を見ていても誰にも知らせることが出来ませんでした。ただ一人知らせたのは近くに住む知り合いのおばあちゃんだけでした。もし運よく(不幸中の幸運)大地震が起こる地震雲を見ることが出来れば、このブログに直ちに載せますので、ブログに載りましたら、このブログを見せながら、一番安全な方法を取って下さい。もちろん私も全ての自治体、放送局に電話をします。勿論どこに地震が起こるかはわかりませんがね。それでも電話などで用意しておくことは重要だと思います。今日は公民館に避難するとか、二階に寝るとか、どんな方法でもいいではないですか。後から遠くの地震で何ともなかったねと言われても、私はそれはそれで価値があると思います。私もその日が来たら、その日は事務所を休みます。そんな余裕があればいいですがね。地震雲を見つけた途端に大地震が来るかもしれないし、とにかく、何が何でも、私は松明をもって難破船に向かって松明を振ることにしました。誰かに笑われてもいいです。今日だけは私の言うことを聞いて下さいと言います。
 その点、今日などはまさに絶好の観測日和です。と、言うことで、ここに誓約する為にブログを書き残すことにしました。何かあったら協力お願いします。


過去の私の参考ブログ
 2013年 1月14日「掲載」
  ブログNo70 あの日、私は大地震が起こる予知雲を見た。

» 続きを読む

«Prev1Next»