借金の相談をお受けしていると、手続きに関してのメリット・デメリットについてご説明をします。そのとき、信用情報に関しても説明をします。

自己破産や任意整理の手続きをすると、個人信用情報の異動情報が登録され、いわゆる「ブラック」の状態となり、今後5年から10年は新規の借り入れができなくなります、というように説明をするのですが、この点についてとても気にする依頼者がおられます。

中には、もう借金はこりごりです、とおっしゃって、むしろブラック状態になることを希望される方もおられますが、それぞれのご事情で、どうしてもクレジットカードを使いたい、という方もおられます。

そんなとき、まずは本当にカードが必要なのかを考えてもらい、クレジットカードの利用も借り入れの一種で、借り入れには頼らずになんとかならないか、というようなことをお話するのですが、そうもいかない事情の場合もあります。
たとえば、長距離トラックに乗っていて、どうしてもETCカードが必要であるというような事情です。ETCカードは通常クレジットカード方式ですから、ブラックとなれば利用できなくなってしまいます。

しかし、これについては、実はクレジットカードが利用できない方のために、別のカードが用意されています。「ETCパーソナルカード」といいまして、高速道路の利用料金を後日口座引き落としで支払いをすることが可能となるカードです。これを使えば、ドライバーの方でも、ブラックを気にせずに債務整理手続きをすることが可能になります。

また、他の事情で、どうしてもカードの利用が必要である方の場合には、「デビットカード」という選択もあります。

これは、カードを使うと同時に口座から決済がされる方式のカードで、口座にお金が入っていなければ使うことができません。このような方式のカードですから、カードを作る際に、信用情報の審査は行われていません。海外でも使えますし、インターネットのお買い物も可能です。年会費も無料のものもあります。

もちろん、借金には頼らずに家計を維持できるようになるのが理想ですが、ブラック状態になりたくないために、いつまでも債務の整理ができなくなっては本末転倒ですから、上記のような方法があるということは依頼者に伝えて、選択してもらえるようにした方がよいと思います。