エール立川司法書士事務所の萩原です。

 

本日の報道によると、サッカーJ1FC東京の久保建英選手が、横浜Fマリノスに期限付き移籍する方向とのことですね。

 

FC東京ではなかなか出場機会に恵まれないとのことで、バルセロナへの復帰も視野に入れて、少しでも高いレベルでのプレーをということのようです。

 

そうか、FC東京だと出られないのか、、と思うところですが、久保選手は才能はみんなが認める逸材ですから、いい環境で育ってほしいなと応援しております。

 

 

さて、自己破産についてご検討中の方からよく頂くご質問として、

 

「自己破産手続中でもデビットカードで買い物をすることは問題ありませんか?」

 

というものがあります。

 

お返事は、

 

「問題ありませんが、必要最小限にすると良いと思います。」

 

です。

 

 

理論は、預金口座からの引落での支払いをする、というものであるデビットカードは、理論が立て替え払いのクレジットカードとは異なりますので、自己破産をはじめとする債務整理手続をした後でも使うことが出来ますね。

 

ですから、インターネットの買い物をするとき、あまり現金を持ち歩きたくないときなどは、このデビットカードは便利に使うことが出来ると思います。

 

ということで、自己破産手続中もこのデビットカードを使うこと自体は出来るのですが、デビットカードを使うと、その都度、通帳に利用履歴(デビットカードでいくら使ったのか)が載ることになりますので、個人的には自己破産手続中は、デビットカードの利用は必要最小限にした方が良いのではないかと思っております。

 

これは完全にイメージの問題ではありますが、毎日のようにデビットカードの利用があると、何となく浪費をしているような印象を持たれてしまうこともあろうかと思いますので、そういったところでもったいないことにならないよう、ご注意頂ければと思います。

 

もちろん、自己破産の手続が終われば、通帳を裁判所に出すこともなくなりますので、便利なものは便利に使っていただければと思いますが、自己破産のお手続中はやや注意が必要ですね。

 

 

自己破産について、

ご不明な点やご不安な点が

おありになる方も、

お気軽にご相談頂ければと思います。

 

お気軽にご相談下さい。

電話受付 午前9時30分〜午後10時 042-533-4711

24時間受付のメール相談 soudan.s@air-tachikawa.com
<BR>
<A href="http://www.air-tachikawa.com" target="_blank">立川で借金相談。無料相談受付中 立川駅南口徒歩3分 エール立川司法書士事務所</A>
<BR>
スマートフォンでも見やすい債務整理ページを作りました。
<A href="http://www.saimuseiritachikawa.com/" target="_blank">借金問題・借金返済・多重債務・過払いの無料相談 立川駅南口徒歩3分 エール立川司法書士事務所</A>
<BR>
<BR>