エール立川司法書士事務所の萩原です。

 

夏の甲子園の組み合わせ抽選が行われまして、各校初戦の対戦相手が決まりましたね。

 

初戦から強豪校同士が対戦する注目カードは、

 

大会2日目の作新学院対大阪桐蔭、大会8日目の浦和学院対仙台育英でしょうかね。

 

8日目は二松学舎大付属と広陵の試合もありますし、日曜日ですから甲子園は満員になりそうな日ですね。

 

 

さて、個人再生についてご検討中の方からよく頂くご質問として、

 

「個人再生前に車を購入しても大丈夫ですか?」

 

というものがあります。

 

お返事は、

 

「現金での購入であれば、基本的には問題ありません。」

 

です。

 

個人再生のお手続をすると、

借金の金額が、

5分の1(最低100万円)

持っている資産の額

のどちらか高い方まで減る、

という効果が得られます。

 

例えば、

借金の額が600万円

資産価値150万円の車(原則残ローンなし)を持っている

という場合、

 

600万円の5分の1である120万円

資産である車150万円

を比べると、車の方が高いので、

 

この場合は、150万円を

原則3年で分割弁済する

という結論になりますね。

 

毎月の支払額は、

150万円÷36で

4万2000円くらいです。

 

こう考えると、

もともとあった借金600万円のうち150万円だけ払えば

残りの450万円は免除され、かつ車も残せる、

というとてもありがたい制度が個人再生ですね。

 

一方、個人再生は、

この債権者は個人再生の手続きに入れて、この債権者は入れない

というように、一部の債権者のみをお手続きの対象とすることができず、

お借入先は全てお手続きに乗せる必要があります。

 

ですから、車のローンがある場合などは、車のローン会社も債権者に入れる必要があり、この場合は原則として車はローン会社に引き上げられることになります。

 

そうすると車がなくなってしまって困る、という方もいらっしゃると思いますが、引き上げられる車の代わりに、現金で新たに車を購入することに問題があるのか、というと、これについては基本的には問題ありませんね。

 

問題が生じるとしたら、新たに購入した車は資産になりますので、その金額があまりにも高額である場合には、個人再生上支払う金額が増えてしまうということがある、ということですので、新たに車を買うにしても、購入金額で数十万円の車にしておくと、そのような大きな問題にはならないのではないかと思いますが、ご購入の際には事前にご相談頂けるとありがたく思います。

 

個人再生について、

ご不明な点やご不安な点が

おありになる方も、

お気軽にご相談頂ければと思います。

 

お気軽にご相談下さい。

電話受付 午前9時30分〜午後10時 042-533-4711

24時間受付のメール相談 soudan.s@air-tachikawa.com
<BR>
<A href="http://www.air-tachikawa.com" target="_blank">立川で借金相談。無料相談受付中 立川駅南口徒歩3分 エール立川司法書士事務所</A>
<BR>
スマートフォンでも見やすい債務整理ページを作りました。
<A href="http://www.saimuseiritachikawa.com/" target="_blank">借金問題・借金返済・多重債務・過払いの無料相談 立川駅南口徒歩3分 エール立川司法書士事務所</A>
<BR>
<BR>