エール立川司法書士事務所の萩原です。

 

いよいよ今夜、サッカーワールドカップ、日本対コロンビアの一戦が行われますね。

 

スタメンはどうなるのか、戦い方はどうなるのか、など、様々言われてきたところではありますが、ここまで来たらみんなで応援!ですよね。

 

私ももの凄い疲れていなければジムで運動しながら試合を見ようかと考えています。

 

 

さて、自己破産についてご検討中の方からよく頂くご質問として、

 

「自己破産の管財人面談は何を聞かれるのですか?」

 

というものがあります。

 

お返事は、

 

「免責不許可事由の有無の調査と財産の調査に関わることです。」

 

です。

 

 

自己破産のお手続をする際に、処分するべき財産がある場合や免責不許可事由がある可能性がある場合などには破産管財人が付くことになりますね。

 

そのような場合に付く破産管財人ですから、その役割は処分するべき財産の確認と免責不許可事由の調査ということになります。

 

ということで、破産管財人からされる質問も財産や借入事情に関することが中心ということになりますね。

 

特にお借入事情にギャンブルや浪費がある場合は、これまでの反省と今後の改善に向けてどのように考えているかなどの質問が多くなりますので、このあたりは管財人面談前にある程度の答えを用意して臨むのがよろしいかと思います。

 

もちろん、こう答えれば正解、というような虎の巻はないのですが、過去の事例からの概ねの対処案というのは蓄積しておりますので、お手続を進めていく中でご案内させて頂ければと思っています。

 

 

自己破産について、

ご不明な点やご不安な点が

おありになる方も、

お気軽にご相談頂ければと思います。

 

お気軽にご相談下さい。

電話受付 午前9時30分〜午後10時 042-533-4711

24時間受付のメール相談 soudan.s@air-tachikawa.com
<BR>
<A href="http://www.air-tachikawa.com" target="_blank">立川で借金相談。無料相談受付中 立川駅南口徒歩3分 エール立川司法書士事務所</A>
<BR>
スマートフォンでも見やすい債務整理ページを作りました。
<A href="http://www.saimuseiritachikawa.com/" target="_blank">借金問題・借金返済・多重債務・過払いの無料相談 立川駅南口徒歩3分 エール立川司法書士事務所</A>
<BR>
<BR>