エール立川司法書士事務所の萩原です。

 

昨日のプロ野球は、内川選手の2000本安打、中田翔選手の1000本安打、そして清宮選手のプロ第1号ホームラン、と記録づくめの1日になりましたね。

 

内川選手はあと2本、あと1本というところで足踏みをしていましたが、ようやく達成ということで、また違った気持ちで今日からの試合に臨めるのではないでしょうか。

 

しかし、清宮選手は普通に1軍クラスのピッチャーの球を打っていますから、やはり凄いですね。

 

 

さて、個人再生についてご検討中の方からよく頂くご質問として、

 

「個人再生の支払可能性の審査はどのように行われるのですか?」

 

というものがあります。

 

お返事は、

 

「再生委員ごとに程度は異なりますが、基本的には面接と支払いテストです。」

 

です。

 

 

個人再生のお手続をすると、

借金の金額が、

5分の1(最低100万円)

持っている資産の額

のどちらか高い方まで減る、

という効果が得られます。

 

例えば、

借金の額が600万円

資産価値150万円の車(原則残ローンなし)を持っている

という場合、

 

600万円の5分の1である120万円

資産である車150万円

を比べると、車の方が高いので、

 

この場合は、150万円を

原則3年で分割弁済する

という結論になりますね。

 

毎月の支払額は、

150万円÷36で

4万2000円くらいです。

 

こう考えると、

もともとあった借金600万円のうち150万円だけ払えば

残りの450万円は免除され、かつ車も残せる、

というとてもありがたい制度が個人再生ですね。

 

東京地方裁判所や東京地方裁判所立川支部で

個人再生の申立をする場合、

必ず個人再生委員の先生が裁判所から選任されるわけですが、

 

この個人再生委員の先生は、

負債を一部免除すればきちんと払っていけるか

の審査が主な役割といわれています。

 

どのようにこれを審査するのかは、各再生委員の先生ごとに異なるのですが、基本的には面接と毎月の支払テストにより審査が行われています。

 

面接では、今後の収入の見込みや借入事情になったことがもう取り除かれているのかなどを聞かれ、支払いテストは、個人再生が認められたら毎月支払う金額を再生委員の先生の口座に毎月振り込んでいくという形で行われます。

 

もちろん、個人再生で大事なのは、今後きちんと支払っていけるかどうかなので、支払テストが難しい場合は個人再生ではなく自己破産も検討しなければなりませんから、この支払テストに備えて、個人再生のご依頼を頂いて返済が停止されたら生活を改善していきましょう。

 

個人再生について、

ご不明な点やご不安な点が

おありになる方も、

お気軽にご相談頂ければと思います。

 

お気軽にご相談下さい。

電話受付 午前9時30分〜午後10時 042-533-4711

24時間受付のメール相談 soudan.s@air-tachikawa.com
<BR>
<A href="http://www.air-tachikawa.com" target="_blank">立川で借金相談。無料相談受付中 立川駅南口徒歩3分 エール立川司法書士事務所</A>
<BR>
スマートフォンでも見やすい債務整理ページを作りました。
<A href="http://www.saimuseiritachikawa.com/" target="_blank">借金問題・借金返済・多重債務・過払いの無料相談 立川駅南口徒歩3分 エール立川司法書士事務所</A>
<BR>