エール立川司法書士事務所の萩原です。

 

本日の報道によると、JCBは手のひらをかざすだけでクレジット払いが出来るシステムを開発したとのことですね。

 

これが実用化されれば利用者側は物理的なプラスチックのカードは不要ですし、店舗側はカード読み取りに必要な設備が不要ということになり、さらに便利になりますね。

 

私たちは、債務整理のご依頼をお受けする際に、プラスチックのカードを確認させて頂いて借入先の確認をしていますので、将来この方法が使えなくなることになりますから、請求書などの債権者が確認できる方法を別途ご用意頂くようになるのかな、と思ったニュースでした。

 

 

さて、自己破産についてご検討中の方からよく頂くご質問として、

 

「消費者金融への返済を延滞していると自己破産の申立は通らないのですか?」

 

というものがあります。

 

お返事は、

 

「大丈夫です。」

 

です。

 

 

ネット界隈を見ておりますと、返済が滞っている場合は自己破産の申立が通りにくいというような記述を拝見することもありますが、これについては大丈夫ですね。

 

そもそも、弁護士の先生や司法書士に自己破産のご依頼を頂いた時点で、消費者金融等への返済は停止して頂き、そこから自己破産の準備を始めて、数か月後を目安に自己破産の申立をするということになりますので、自己破産の申立時点では必ず返済は滞っているということになります。

 

ですから、返済が滞っているということを理由に自己破産が出来ないということや自己破産の審査が厳しくなるということは基本的にありませんので、この点は安心してお手続頂ければと思います。

 

なお、自己破産の際に、返済関係で補足説明が必要になるとしたら、数年間などの長期延滞していた後に自己破産の申立をする場合、なぜ放置してしまったのか、などの説明を求められる場合などですね。

 

 

自己破産について

ご不明な点やご不安な点が

おありになる方も、

お気軽にご相談頂ければと思います。

 

お気軽にご相談下さい。

電話受付 午前9時30分〜午後10時 042-533-4711

24時間受付のメール相談 soudan.s@air-tachikawa.com
<BR>
<A href="http://www.air-tachikawa.com" target="_blank">立川で借金相談。無料相談受付中 立川駅南口徒歩3分 エール立川司法書士事務所</A>
<BR>
スマートフォンでも見やすい債務整理ページを作りました。
<A href="http://www.saimuseiritachikawa.com/" target="_blank">借金問題・借金返済・多重債務・過払いの無料相談 立川駅南口徒歩3分 エール立川司法書士事務所</A>
<BR>
<BR>