エール立川司法書士事務所の萩原です。

 

毎月この時期はWindowsアップデートがなされていると思いますが、どうも今回のアップデートではうちのsurfaceのご機嫌が今一つのようです。。

 

5分待ってご機嫌が直りましたので、surfaceでこのブログを書き始めましたが、毎月1回とはいえ、このアップデートがあると、やはりsurfaceも毎回電源を切ろうかな、と思うところです。

 

持ち運び出来て、タブレットとしても使えるので便利に使わせて頂いているものの、毎回起動とシャットダウンはちょっとめんどくさいですけどね。

 

 

さて、自己破産についてご検討中の方からよく頂くご質問として、

 

「クレジットカードのショッピング枠の現金化をしていると自己破産に影響しますか?」

 

というものがあります。

 

お返事は、

 

「程度問題ですが、少なからず影響します。」

 

です。

 

 

ご相談にお越し頂く直前から半年の間に、キャッシュが詰まって、クレジットカードのショッピング枠を現金化されている、というご相談者様は少なからずいらっしゃいますので、まだまだそういった業者さんが世の中にいるんだな、と思うところです。

 

少し前に問題になったように、クレジットカードで現金を買う、というようなこともされていましたしね。

 

そこで、そういったクレジットカードのショッピング枠を現金化した後に、最終的に返済を断念して自己破産の手続をするということになったときに、現金化が何かネックになるのか、ということは、出来れば予めご了解頂いておいて頂きたいというのが、手続のお手伝いをする我々の希望です。

 

現金化をしていると、少なくとも自己破産の手続ではその事情がスルーされるということはなく、程度が激しい場合は、免責不許可事由の存在が疑われるということで、破産管財人の先生が付いた手続になることがあります。

 

破産管財人の先生が付くと、手続も長くなりますし、何といっても破産管財人費用数十万円は申立人の負担になるので、経済的にはかなり厳しいものになります。

 

現金化さえしていなければ破産管財人が付かずに自己破産できたのに、というケースもないことはないと思いますから、そういった意味でも現金化にはリスクに対応するようなメリットはないというのが一般論ということになるのではないかと思います。

 

もちろん、免責不許可になりそうなほどの現金化をしているという場合は、個人再生の手続をした方が手続が安定するということはありますので、現金化をしてしまったという方もまずはご相談頂き、より良い今後のためのより良い方法を一緒に考えましょう。

 

 

自己破産について、

ご不明な点やご不安な点が

おありになる方も、

お気軽にご相談頂ければと思います。

 

お気軽にご相談下さい。

電話受付 午前9時30分〜午後10時 042-533-4711

24時間受付のメール相談 soudan.s@air-tachikawa.com
<BR>
<A href="http://www.air-tachikawa.com" target="_blank">立川で借金相談。無料相談受付中 立川駅南口徒歩3分 エール立川司法書士事務所</A>
<BR>
スマートフォンでも見やすい債務整理ページを作りました。
<A href="http://www.saimuseiritachikawa.com/" target="_blank">借金問題・借金返済・多重債務・過払いの無料相談 立川駅南口徒歩3分 エール立川司法書士事務所</A>
<BR>
<BR>