エール立川司法書士事務所の萩原です。

プロ野球のドラフト会議が終了しまして、注目の選手たちのプロ行きが決まりましたね。

その中でも目玉の創価大学田中投手はソフトバンクが交渉権を引き当てました。

ここ2年のソフトバンクは将来性のある高卒右腕を獲得していましたから、そのふたりが育ちつつ、即戦力の田中投手が入るということは、ただでさえ分厚い先発陣がさらに補強されましたよね。

果たして背番号は何番になるのか、注目していたいですね。

さて、個人再生についてご検討中の方からよく頂くご質問として、

「任意整理の和解が成立した直後でも個人再生に切り替えられますか?」

というものがあります。

お返事は、

「生活状況が変わって支払が難しければ大丈夫です。」

です。

債務整理の中でも、書類収集や打ち合わせ、裁判所へ行くことの負担のない任意整理は、皆さんがまず始めに検討する債務整理の方法であろうかと思います。

一方、任意整理は借り入れた元本は全て支払うという和解を各社とすることですから、一般的には個人再生よりも毎月の支払額は多いことになりますよね。

そこで、何とかなるかな、と思って任意整理で和解をして支払を始めたところ、転職、結婚、転居、病気などで生活状況が変わり、任意整理の支払が難しくなってしまった、という場合は、そのまま無理をして支払を継続しても生活の再建には繋がらないことも多いので、事情が変わったら債務整理の方法も変更することを検討したいところではないでしょうか。

色々な考え方はあるものの、個人的には、ご依頼者様の生活再建のための債務整理ですから、任意整理直後であっても、事情が変わったのであれば、個人再生や自己破産への切り替えをして、無理をしないことがより良い今後のためのより良い手段であるように思います。

債務整理について、
ご不明な点やご不安な点が
おありになる方も、
お気軽にご相談頂ければと思います。




お気軽にご相談下さい。

電話受付 午前9時30分〜午後10時 042-533-4711

24時間受付のメール相談 soudan.s@air-tachikawa.com
<BR>
<A href="http://www.air-tachikawa.com" target="_blank">立川で借金相談。無料相談受付中 立川駅南口徒歩3分 エール立川司法書士事務所</A>
<BR>
スマートフォンでも見やすい債務整理ページを作りました。
<A href="http://www.saimuseiritachikawa.com/" target="_blank">借金問題・借金返済・多重債務・過払いの無料相談 立川駅南口徒歩3分 エール立川司法書士事務所</A>
<BR>
<BR>