エール立川司法書士事務所の萩原です。

プロ野球、巨人は大竹投手が昨日の試合で今季初勝利。交流戦3連勝スタートになりましたね。

しかし、交流戦に入り、阿部、内海、大竹とベテラン勢が復調の気配を見せているのはチームにとって好材料といえます。

交流戦前は連敗も続いた巨人ですが、実積のあるベテランが結果を出すことでチームの雰囲気も良くなっていきそうですね

さて、自己破産についてご検討中の方からよく頂くご質問として、

「自己破産の手続を始めた後に色々と事情が重なって手続を止めてしまいました。借金はどうなりますか?」

というものがあります。

お返事は、

「自己破産のお手続が終わっていないので、そのまま残っています。」

です。

自己破産のお手続は、書類の収集や打ち合わせなどに時間を割く必要がありますし、裁判所という全く馴染みのないところへ行かなければならないプレッシャーもありますので、やはりどちらかというと面倒な手続ではあろうかと思います。

もちろん、ご相談にお越しになった時点では、債権者からの督促を一刻も早く止めなければ、という思いがおありだと思うので、お手続に向かう気持ちも強くお持ちだと思うのですが、ご依頼後は督促も止まりますし、面倒な手続に向かう気持ちを作る、というのも難しいこともありますよね。

しかし、あくまでも督促は一旦止まっているだけであって、自己破産の手続を完結させなければもちろん借金は残ったままですから、書類収集や打ち合わせをして頂けずに事務所が辞任をすると債権者からの督促が再開することになります。

そうするとまたご相談へ行って、1から打ち合わせをして自己破産の手続を進めなければならない、ということになりますので、二度手間になってしまいかねませんね。

ですから、ご自身のより良い今後のために、と週に1度で良いので気持ちを奮い立たせて自己破産の準備に時間を使って頂き、月に1度の打ち合わせには良い準備をしたうえでお越し頂ければ幸いです。

自己破産について、
ご不明な点やご不安な点が
おありになる方も、
お気軽にご相談頂ければと思います。




お気軽にご相談下さい。

電話受付 午前9時30分〜午後10時 042-533-4711

24時間受付のメール相談 soudan.s@air-tachikawa.com
<BR>
<A href="http://www.air-tachikawa.com" target="_blank">立川で借金相談。無料相談受付中 立川駅南口徒歩3分 エール立川司法書士事務所</A>
<BR>
スマートフォンでも見やすい債務整理ページを作りました。
<A href="http://www.saimuseiritachikawa.com/" target="_blank">借金問題・借金返済・多重債務・過払いの無料相談 立川駅南口徒歩3分 エール立川司法書士事務所</A>
<BR>
<BR>