エール立川司法書士事務所の萩原です。




プロ野球、東北楽天の田中投手が開幕から7連勝だそうですね。





5月半ばで7勝とは素晴らしい!





これはひょっとすると今年は久々の20勝投手が現れるかもしれない、と期待したくなりますね!






さて、自己破産をご検討中の方からよく頂くご質問として、





「自己破産の手続は弁護士や司法書士に依頼して行う方がよいのですか?」





というものがあります。





お返事は、




「もちろん、ご自身でも出来ますが、ご依頼頂いた方が比較的スムーズに手続が進みます。」




です。





日本の裁判制度は代理人を強制するものではないので、裁判手続である破産手続も、ご自身で行うことができます。





裁判所の破産係に行くと、誰にも依頼をせずにご本人で破産手続をされておられる方をお見かけすることも稀にあります。




その姿を遠くから拝見していると、




裁判所の受付の方から長時間に渡り、追加で必要な書類や、追加で説明が必要な事情について説明を受けておられます。




あまりに追加事項が多いと、申立書を持っていった日には受理して頂けず、後日、再度追加書類などを持参しなければならない、などの手間もかかるのではないか、とご推察致します。





自己破産は、ただでさえ、借入について支払の免除を受けるというナイーブで、多くの方が初めての手続であるところ、




誰の助けも頼らずに進めていくのは、なかなか不安ではないでしょうか。





ご依頼を頂ければ、



ひとりで初めての手続をするという不安は解消して差し上げられますし、



裁判所のご指導への対応も一緒にご相談しながら行うことができる




という点がご相談者様のメリットになると思います。





ひとりでやろうかな、と思っておられる方にもご依頼を頂けて、かつ、やはり依頼してよかった、と思って頂けるよう、日々努力したいと思います。





自己破産についてご不明な点やご不安な点がおありになる方もお気軽にご相談頂ければと思います。




お気軽にご相談下さい。

電話受付 午前9時30分~午後10時 042-533-4711

24時間受付のメール相談 soudan.s@air-tachikawa.com


立川で借金相談。無料相談受付中 立川駅南口徒歩3分 エール立川司法書士事務所