エール立川司法書士事務所の萩原です。




おはようございます。




ここのところ、暑かったり涼しかったり、晴れたり曇ったり、と体調管理の難しい天気が続いていますね。




今日は午後から雨のようですので、傘を持って出かけたいと思います。





さて、債務整理をご検討中の方から良く頂くご質問として、




「給与振込口座の銀行からカードローンを借りているので、給与振込口座を変更したいのですが、会社に変更の理由をどのように説明したらいいですか?」




というものがあります。




給与振込口座の銀行からカードローンを借りていて、そのカードローンを債務整理すると、原則として銀行口座が凍結されてしまうので、




給与振込口座を他の銀行口座に変更して頂くのが第一選択肢です。




ところが、給与振込口座の変更というのはあまりないことなので、会社にどのように説明すれば良いのかと悩んでしまう方も多いと思います。




ちなみに当事務所でもスタッフの給与振込口座というものがもちろんありますが、私はどこの銀行でも良いと言っているのでみなさんバラバラですし、



変更したいと言われても、特に疑問を持たずにOKしています。



という私みたいな人もいますので、まずはあまり悩まずに給与振込口座の変更手続を始めて頂くとよいと思います。



それでも、うちの会社はいろいろ聞くから・・という方は、最近の銀行業界を取り巻く事情をうまく使いましょう。




最近の銀行業界は、どこの銀行も新規に口座を開設してもらえるとありがたいので、いろいろとサービスをしています。



例えば、銀行のキャッシュカードにクレジット機能を付けるとコンビニATMの手数料が無料になる、というサービスがあります。



私はこのサービスがあるから、という理由でずっとひとつの銀行にお給料を振り込んでいたりしたのですが、最近、その銀行から手紙が来て、



コンビニATM手数料無料サービスを止めます



ということでした。



一方、他の銀行はまだまだコンビニATM手数料を無料にしています。



これはメインバンクとして使う給与振込口座の変更をしたくなる大きな理由ですね。



ですから、こんなことを理由にしても良いかもしれません。



また、最近はネットバンクも大普及してきましたので、振込などに便利なネットバンクをもっと活用したいから、という理由でネットバンクに給与振込口座を変更するということも特段不自然だとは思いません。



給与振込口座変更の理由をどうしようか、と悩んでしまっている方も、面談の際にご相談頂ければ、ご相談者様のご事情に即した違和感のない理由を一緒に考えますので、お気軽にご相談下さい。





お気軽にご相談下さい。

電話受付 午前9時30分~午後10時 042-533-4711

24時間受付のメール相談 soudan.s@air-tachikawa.com


立川で借金相談。無料相談受付中 立川駅南口徒歩3分 エール立川司法書士事務所