3 資産価値のない不動産がある場合

 

1,2に比べると消極的な話になりますが。

世間一般的に、相続人としては、相続財産の中で預金・現金とか、換金しやすい動産・不動産は欲しいものですが、そうでない不動産はあまり欲しくない傾向があると思います。

今住んでいる家などは居住している相続人が相続することで遺産分割協議が整うことが多いですが、利用価値のない山林とか、耕作していない荒れ果てた農地とか、固定資産税は高いけど道路に面さず売るに売れない袋地などは、誰も相続したがらないので、「取り合い」ではなく「押し付け合い」で遺産分割協議が整わないこともあります。

私の経験のなかには、裁判沙汰になった事案もあります。

じゃあ、家庭裁判所に相続放棄をすれば良いじゃないかと思いますが、人の欲というものは悲しいもので、資産価値がある財産は欲しいですから、それはやらないんだと思います。

そんな時に、ご本人が元気なうちに、そういう財産を誰が相続するか、遺言できちんと決めておいて、それと、お荷物ともいえる財産を相続させる訳なので、対価と言ったら変ですが併せて資産価値のある財産もその方に上乗せして相続させる内容にするという方法もあろうかと思います。

それでも、相続放棄をされる可能性は否定できませんが、それは相続人に保障された権利ですからやむを得ないことですね。

 

こういう風に特定の財産を特定の相続人に相続させる遺言を作る場合は、1つ気をつけていただきたいとことがあります。

結論から言うと、その特定の財産を含めて、「この財産をBさんに、その財産をCさんに、その他の財産はAさんに。」という風に、全ての財産を対象に作成して欲しいということです。

一部の財産だけを対象に遺言を作ってしまうと、その他の財産は、依然として遺産分割協議の対象になります。そうなると協議の時に、「兄貴は遺言で家をもらってるじゃないか。もう何も相続するものはない。」「そんなことはない。自分を病気を父をずっと介護してきたし、家の価値なんてたかが知れてる。これ以外にももらう権利がある。」なんてやりとりが始まって、遺言がなければまとまった協議がかえって揉める元になったなんていうのも珍しい話じゃありません。

現時点では遺言は相続の際の紛争防止の最も有効で簡単な手段だと思います。

しかし、前の方でも少し触れましたが、遺留分を無視した内容や、一部の財産だけを対象にした遺言を作るのも、ご本人がお元気な間に、将来、自分の財産をどう引き継いでもらうかということを決める行為ですから、本人がそれを望むならご自由ではあるのですが、作り方によっては新たな紛争に火種になる可能性もありますので、折角作るのであれば、是非、その辺のことも考慮した上で作っていただければと思います。

 

4 配偶者だけが相続人の場合

配偶者は常に相続人となります。

例えば、男性が亡くなった場合に、奥さんがいらっしゃったとして、子供がいない。両親も先に亡くなっている。兄弟姉妹もいない(または本人より先に亡くなっている)。甥姪もいない、となれば、その奥さんが唯一の相続人となりますので、遺産分割協議とか知らない相続人を探すという必要はありません。

ただ、兄弟姉妹が相続人となる場合のところで書きましたが、これを戸籍では「妻以外に相続人がいない」ことを証明する必要があります。

そうなると、奥さんはご自分の戸籍の他に、ご本人の出生から死亡まで、ご本人のご両親の出生から死亡まで、兄弟姉妹がいて本人より先に亡くなっている場合その兄弟姉妹の出生から死亡まで、さらに甥姪がいたがこれも本人より先に死亡している場合には死亡日時がわかるもの、っといった範囲の戸籍を集める必要があります。

事務作業ではありますが、かなりの労力になりますので、当然の内容にはなりますが、「全ての財産を妻に相続させる。」という遺言を作っておけば、戸籍では、本人の死亡と、妻であること、本人の死亡時に妻が生存していることが証明できれば良いので、作業は大幅に簡易となります。おそらく、ご本人の死亡時の戸籍謄本(あと戸籍には住所が書いていないので、住所の証明として戸籍の附票か住民票の除票くらい)1通で終了というパターンもけっこうあります。

ちなみに、必ずしも夫が妻より先に亡くなるとは限りませんので、実務では、このようなパターンの場合は、遺言が無駄にならない様に、夫婦がお互いに全財産を配偶者に相続させるという遺言を計2通作っておくという話もよくあると、公正証書遺言を作成する公証人の先生からうかがったこともあります。

夫婦の絆が感じられて良いお話しだなと私は感じました。

 

 

***次回(5月14日更新予定)に続きます***

 

ランキングに登録してますのでバナーを
クリック一発お願いします
    ↓

司法書士 ブログランキングへ

 

よろしければこちらも一発お願いします
    ↓

士業 ブログランキングへ