1 相続人が兄弟姉妹の場合

子供がいない場合、配偶者は別として、次の相続人の順位は親御さん等(直系尊属)となりますが、老齢で亡くなる場合、その時点で親御さんがご存命なことは少ないですよね。その場合、次の順位の相続人は兄弟姉妹となります。

仮に夫が亡くなって、遺言がない状態で、妻が相続しようと思えば、「嫁と小姑」の関係で遺産分割協議をしなければならなくなります。世間一般的には、あまり財産のことで話し合いたくない人間関係ですよね。

また、兄弟姉妹が相続人となるパターンだと、その段階で兄姉といった本人より年上の方々は既に亡くなっている場合が多く、その場合はその子供が代わって相続人となります。さらに本人が亡くなった後、相続手続を行わない間に兄弟姉妹が亡くなった場合は、新たな相続が始まることになりますので、その兄弟姉妹の配偶者も相続人に入ってきます。

こうなると、前回も書きましたが、「疎遠」とか「会ったこともない」とか「仲の悪いのもいる」とか必ず出てくると思います。

また、相続では「戸籍」という資料を調査する必要がありますが、亡くなった人の戸籍と、相続する人の戸籍があれば良いわけじゃありません。戸籍で調査し提出先へ証明するのは、「本人が死亡したこと」「相続人が誰と誰で本人の死亡時点で生存していること」「それ以外に相続人がいないこと」です。兄弟姉妹が相続人である場合にこれらを証明するには、上記の戸籍の他に、本人の出生時(生殖可能年齢時でも可)から死亡時までの戸籍、本人の両親の出生時から死亡時までの戸籍、兄弟姉妹に死亡者がいる場合にはその方の出生時から死亡時までの戸籍が必要です。遺産分割協議をする前の戸籍の調査だけでも膨大な手間・時間・費用が掛かると思います。

こんなことになって、残された大切な人たちに大変な苦労を強いて恨み言でも言われるのを望まないなら、是非、お元気な内に遺言を作っていただいて、ご家族には内容を教えるかどうかはともかく「お前らには少なくとも手続で余計な苦労は掛けない様にちゃんと遺言を作ってある。」と胸を張って伝えていただいて、心配事のない老後を過ごしていただきたいと思います。

ちなみに、兄弟姉妹が相続人の場合、遺言で財産の帰属先を決めておくと1つメリットがあります。

兄弟姉妹には遺留分(遺言でも排除できない相続分の最低保障といったところでしょうか。)がありません。

もし、子供が相続人なら、例えば子供が3人いて、長男に全財産を相続させたいと思って、そのような遺言を作ったとしても、もし他の子供がそれに不満があるなら。「全財産を長男に相続されては、自分の遺留分(通常の自分の相続分の半分)を侵害している。」と異議を出して、その分を取り返す法律上の権利があります。

兄弟姉妹が相続人の場合、その権利自体がありませんから、仮に配偶者に全財産を相続させるという遺言を書いたおけば、兄弟姉妹は何も相続できないとしても、少なくとも遺留分を侵害しているという理由では何も異議を差し挟むことはできません(「遺言が無効だ」とか言い出されれば別の次元の問題ですが。)。

 

***次回(5月10日更新予定)に続きます***

 

ランキングに登録してますのでバナーを
クリック一発お願いします
    ↓

司法書士 ブログランキングへ

 

よろしければこちらも一発お願いします
    ↓

士業 ブログランキングへ