一種の備忘録ですが、タイトルの改正について当初は対応に手間取ると思いますので、使えそうなサイトのリンクを貼っておきます。

1 商業登記法等の改正(株主リストの添付)について
 法務省 → http://www.moj.go.jp/MINJI/minji06_00095.html

2 犯罪収益移転防止法の改正(同法の特定取引の際の本人確認)について
 総務省(リーフレット) →  http://www.soumu.go.jp/main_content/000417669.pdf
 警察庁 → https://www.npa.go.jp/sosikihanzai/jafic/hourei/law_com.htm

ただ、時々思うのですが、司法書士の仕事って常に「本人確認」「意思確認」がついて回るんですが、本当にそれが世間に知れてませんね。
「書類さえ揃えればしてもらえる」「(本人は忙しいとか、入院してるとか、認知症とか、すごいのになれば本人に内緒でやりたいとか、家族なら本人が会うのと同じと思ってるとか)できない事情があればそれはそれでなんとかしてくれる」と思っている方がすごく多いですね。
「本人確認と意思確認できないと手続できないですよ。」と言うと本当にびっくりされます。
司法書士頼むとかえって面倒になると思う方もいるんじゃないですかね。
でも、ブログでの完全な一般論という意味で申し上げさせていただけるならば、リサイクルショップでマンガ1冊売るのだって身分証の提示を求められて本人確認をされます。ましてや、司法書士が取り扱うのは不動産や会社の登記事項といった、お客様にとっては人生の掛かっていると言っても過言ではない手続です。
どうか適正に仕事をさせてくださいとお願いしたいところです。

そういうところを、司法書士会が組織の力でしっかりとアナウンスしていかないといけないのになと思うんですけどね。
 
ランキングに登録してますのでバナーを
クリック一発お願いします
    ↓


司法書士 ブログランキングへ

よろしければこちらも一発お願いします
    ↓

士業 ブログランキングへ