9月に入りましたが、なかなか涼しくなりませんね。
「暑さ寒さも彼岸まで」と言いますが、果たして、あと1・2週間で涼しくなるのでしょうか。
さて、数ヶ月前に中古ながら家を買いまして、引っ越し後、なかなか時間もなく、整理アイテムを買うお金もなくで、家の中がバッ散らかった状態が長かったですが、カミさんが色々工夫しながら頑張った甲斐があり、ようやく片付いてきました。
そんな中、劇的にキレイになったのは、やはり庭でしょうか。
購入した時の庭は本当にすごいことになっていました。
「何年触ってないのかな?」と思うくらい草ボーボーで、その中でたくさんの虫たちが一つの社会を形成していて、引越の日にカミさんのご両親がある程度草を刈ってくれたのですが、その程度では焼け石に水、夜になるとその草から発生するすごい数の虫たちが家の窓を埋め尽くして、隙間を見つけ出しては家の中に進入してきて、カミサンとのけぞり、目張りをしたり、ティッシュを詰めたりしたものでした。
その後、ホームセンターで灯油バーナーを購入し庭の草の一掃を試みました。
とはいえ、ミョウガや里芋など、取らない方が良いような物もありましたので、そういうのを避けての作業は、全部焼いてしまうより大変でした。時期は真夏でしたしね。
デスクワークばかりの私としてはこんなに汗をかくことは今までなかったかも知れません。
おかげで夏の間何度かミョウガが取れ、素麺や味噌汁に入れて堪能することができましたけどね。
このあたりになると、虫もかなり少なくなりました。
逆に「やはり草が原因だったのか」と確信を得ました。
今では、庭の半分はカミさんが耕して、張った根っこを取り、土を作ってハーブを植え始めています。
それに、ちょこちょこ朝顔がツタを這わせて花も咲き始めました。
残りの半分はまだ何も手をつけていませんが、定期的にバーナーを掛けて虫の天下にだけはならないように気をつけています。
今後、どんな状態になるかわかりませんが、きれいな庭になって欲しい物です。
するのはカミさんですけどね。