今日は自分の仕事に関する覚書です。
商業法人登記の法務局管轄の統合の関係で不動産登記の添付書類での資格証明書等が添付省略できない事案が増えてきました。
それに関連して先日、金融機関の合併を原因とする根抵当権の移転登記があり、添付省略するパターン、しないパターンが少し頭の中で整理が出来た気がするのでまとめてみようと思います。

・資格証明書を添付省略できるのは、本店管轄登記所及び統合前に本店管轄だった登記所。
・登記原因証明情報(合併証明書)を添付省略できるのは、本店管轄登記所及び支店管轄登記所
その他のパターン及び指定(大型)登記所では省略不可

蛇足だが、資格証明書は当該法人の住所証明書としての昨日も持っているので所有権の登記の住所証明書も資格証明書の同じパターンで省略できる。

とても、レベルの低い覚え書きでお恥ずかしい限りです。
また、あくまで、私の覚え書きですから、上記が間違っていても私の方では責任は持ちかねますのでご了承下さい。