例のごとく休日も仕事しております。
ところで、司法書士の仕事は法務局等のお役所に関連したものが主です。
だから、お役所が休みの日の仕事は、休日しか会うことが出来ないお客さんに会ったり、既に書く内容が決定している書類を書き上げたりと言った残務整理と言えるような仕事が中心になります。
ただ、時々、休日或いは金曜日執務時間給料後に、新規の仕事が入ることがあります。
こういう時は、ちょっと不安というかじれったい気持ちになります。
大体、仕事を受けたら、法務局等の役所に行って関係書類を取得や調査をして実現可能性や段取りを考えるわけですが、その役所が月曜日まで使えないということで手を付けられなくて、「一時預かり」のような状態になってしまいます。
こっちとしては、やっぱりお客さんに一日も早く、良い話であれば「こういう段取りで行きましょう」とか、悪い話であれば「ちょっとこの案件は難しいですね」とか伝えてあげたいのに、動けないというのはやっぱりじれったいものですね。