2015年 3月の記事一覧

«Prev1Next»
15年03月17日 17時22分00秒
Posted by: arimatsu

前回の更新で、先月・今月に起こった大きな行事のうち、事務所の移転について書きましたが、今日はもう一つの行事について書きたいと思います。

事務所の移転より前の話なんですが、2月21日に、福岡県司法書士会の筑豊支部と北九州支部の初の試みとして、合同で研修会を北九州市小倉北区で開催しました。
研修のテーマはタイトルのとおり「不動産登記訴訟における要件事実と裁判所実務における司法書士の役割」で、講師は、はるばる茨城県より、水戸地方裁判所下妻支部の岡口基一裁判官においでいただきお話しいただきました。
岡口判事は法曹の世界ではかなり有名な先生で、受講した会員より聞くところによると「弁護士は受けられないのか」と言った問い合わせもあったようです。さすがにそれは司法書士の研修予算で開催する研修で私の一存では無理かなと思いましたが…

研修の内容ですが、標記のテーマだけは私の方で決めさせていただき、後は基本的には岡口先生に自由に話していただいたのですが、個々の事案の要件事実というよりは、登記訴訟における法的な考え方を教えていただく内容となりました。
正直、私も含めて「目からウロコ」な会員が多かったと思います。
「法的に物事を考えるというのはこういうことか」と、本当に考えさせられました。
売買の所有権移転であれば、登記権利者は登記義務者に所有権移転登記を求めて訴えることが出来ます。
そりゃ当たり前なんだけど、なぜそれが出来るのか?登記を求める権利なら人に対する権利なので債権なのに、なぜその権利は時効に掛からないのか?
ほとんどの司法書士は「所有権に基づいて求めてるんだから消滅時効はない」で思考が終了するんですが、所有権に基づく権利って返還請求権・妨害排除請求権・妨害予防請求権の3つだから、被担保債権の存在のない抵当権設定登記を妨害排除で抹消請求するとかならともかく、所有権移転登記を求める権利の裏付けとしてはたしかにおかしいですよね。
ましてや、所有権登記名義が変わらないまま更に売られて所有権が移転しても、その中間の買主は登記名義人に自分に移転登記を請求できますが、この場合の中間の買主は現在では所有権者ですらない。
なるほど、法的な思考というのはこういうことを言うんだねと、我々司法書士が法曹になり得ず、まだまだ代書屋の域を脱していないということを実感させられました。
もっとも、簡裁代理権を獲得したとしても、司法試験をパスしてないんですから法曹でないのは当たり前なんですけどね。

とにもかくにも、とても脳味噌を鍛え上げられた本当に「楽しく本物の勉強をした」と言いたくなる研修となりました。
ちなみに、岡口先生、帰り際というか別れ際というか、私が「また、いつかよろしくお願いします」とお願いしたら、「あと3つネタがありますから良いですよ」と快く答えてくださいましたので、また是非来ていただきたいと思います。

 
ランキングに登録してますのでバナーを
クリック一発お願いします
    ↓


司法書士 ブログランキングへ

よろしければこちらも一発お願いします
    ↓

士業 ブログランキングへ

15年03月11日 15時46分45秒
Posted by: arimatsu

お久しぶりです。
元日の更新以来となりましたが、戻って参りました。
たしか、あの時「2月3月が大きな行事があってブログまで手が回りません。」なんて話を書いた気がするのですが、今日はそのうちの1つを書きたいと思います。

3月から、事務所を移転いたしました。
市内ですが、約17年使ってきた福岡法務局行橋支局の隣の事務所を引き払い、行橋駅から徒歩5.6分の住宅地となりました。
以前から、賃貸ではなく自前の事務所でとは考えていたのですが、依頼者様や相談者様のわかりやすい場所でないとという点が引っかかり、踏ん切りがつかなかった(今までは、陸の孤島のような場所でしたが「法務局の隣です」で、相手は法務局を探せば良かったので)のですが、話が出ると早いもんで、去年の10月末に話が出てトントン拍子に移転となっちゃいました。
新事務所も大通りに面しているとかいう程のわかりやすさではないのですが、近くに目印になるようなカラオケ屋さんとか牛丼屋さんとかあるので、市内や近隣の方ならば大丈夫でしょう。

そんなわけで、現在、様々な事務所所在地や住所の変更手続きに追われております関係で、仕事の処理に多少お時間をいただくことがございますが、ご了承いただければ幸いです。
今後ともよろしくお願いいたします。

なお、当ブログの事務所情報は既に新所在地に変更しております。



ランキングに登録してますのでバナーを
クリック一発お願いします
    ↓


司法書士 ブログランキングへ

よろしければこちらも一発お願いします
    ↓

士業 ブログランキングへ

«Prev1Next»