なんと、前のブログ更新から1ヶ月以上放置しておりました。
最近は大体月に2回は更新していたので異例なことですね。
前のブログにも書きましたが、4月は配属研修もありましたし、仕事自体もここ数年では珍しく大変忙しかったので、ブログどころじゃないと言ってしまいそうな状況にまで追い込まれておりました。
実際4月30日夕方まで大あらわでしたからね。
これで、GWはノンビリと思っていましたが、地元の祭りのお手伝いや、実家の芝刈りに駆り出されたりして、結構ハードな連休を過ごしておりました。

さて、そんなわけで連休も終わり、今週からは通常業務となった訳ですが、昨日、突如として大きな買い物をすることとなってしまいました。
3月末頃でしたか。コピー機の保守が終了して数年経ち、次に故障した時は修理代がちょっとこわいものがあると思っておりました矢先、いつものコピー機の売り込みの電話です。
いつもなら、軽くあしらって切っちゃうのですが、なぜか話を聞いてしまいました。
かなり粘られたのですが、将来的な不安があるとはいえ、今は困っていないし、忙しい中での電話でしたので、4月は忙しいので日を改めて欲しいと伝えて切りました。
それっきり、忘れていたのですが、昨日またかかって来ました。
この営業の粘りは本当に感服します。
で、どうしても直接説明を聞いて欲しいというので、折り合わなければ帰ってもらうので、無駄足になると思うがそれでも良ければと言い添えて、説明に来てもらいました。

結局、こちらの条件を言ってしまうと、契約する前提での交渉になっちゃうので、最終的には買うことになってしまいました。
買うと言ってもリースですが、リース料を100円レベルでの交渉、カウンターの保守料も10銭レベルでの交渉になって、本当にくたびれました。
大体7年リースですから、200円違えば16800円違うわけですし、リースに関しては消費税がどう変わるかわかりませんから、本当に踏ん張りました。
まあ、向こうもプロですから、困った顔してたって、全然楽勝な線だったのかも知れませんですけどね。

それにしても、交渉してて思うのですが、こういうOA機器のリースや販売の利益率ってどれくらいあるんでしょうね。
定価なんてあってなしがごとしなのはわかっていますが、リース料金を7年分全部合計しても定価の半額にもならないんですど。
この業界と紳士服は本当に訳がわかりません。