2011年 11月の記事一覧

«Prev1Next»
11年11月25日 16時55分36秒
Posted by: arimatsu
10月に特定健診を受診しまして、昨日結果が出てその説明会に行ってきました。
市町村が国民健康保険の被保険者(早い話が、会社とかで健康診断を強制的に受けさせられていない人)を対象に行う健康診断みたいなものです。別名『メタボ検診』というらしいですけど。※間違ってたらスミマセン。
今までは、自費で3年に1回くらい健康診断を受けていたんですけど、いよいよ私も40才の声も掛かり、市から召集令状のような受診券が送られてきました。
あくまでメタボ検診ですから、人間ドックというわけにはいきませんが、とにかく安いので仕事ほっぽって受診しました。
で、昨日結果説明会に行ってきたんですが、なんとなく「説明会」という名称が気になったのですが、案の定説明会でして、単に結果の紙をもらうだけではなくて、色々と指導をされてしまいました。
指導されると言うことは…そうです。この度めでたくメタボ予備群の仲間入りを認定されました。
ちょっとショックです。
具体的には、腹囲が85.1センチで基準より1ミリ太い、血圧が上が基準値より1高い。尿潜血が+-で、まあこんな感じで引っかかってしまいました。
指導員の方からは、血圧は2回計った平均値で2回目はかなり低いので誤差の範囲だろう。尿潜血は今までの健康診断で引っかかったことがないのなら、たまたまその日の体調によってもこのくらいは出ることがあるので、今後も繰り返し出なければあまり心配いらない。残った腹囲もわずか1ミリのオーバーなので、逆に他の血液検査の値はかなり良い数値なので、ほんのちょっとだけ痩せればバッチリです。とフォロー入れてもらいました。
とはいえ、引っかかったのは事実なので、食べ物のカロリーが云々とか運動量云々などの健康版・運転免許更新のような講習を受け、半年後の体重と腹囲の目標を紙に書かせられ、そして半年後に目標を達成できたかどうか市から確認の連絡が入るそうです。
随分と、一市民の私の健康を気遣っていただきました。
しかし、腹囲の基準に関してはちょっと釈然としないですね。
基準は年齢・身長・体重関係なく一律男性85センチで女性が90センチなんだそうですが、何で一律なのかというと、CTで輪切りにした時の脂肪の占める面積が問題だからなんだそうです。
まあ面積という考え方もわからんではないですが、女性の方が男性よりも5センチも基準が緩くて、しかも90センチって…あまりにも太すぎません?
それに、男性だって私みたいな身長162センチしかない人間なら、おへそ周りが85センチ超えたら考えた方が良いような気もしますが、身長185センチのカッコ良いおにいさんなら85センチは細いと思いますけどね。

などと、メタボ予備軍二等卒の遠吠えでした。

そういえば、肝炎ウィルスの検査も受けたんだけど、その結果はもらわなかったですね。
今度市役所に問い合わせてみよう。
11年11月14日 15時00分26秒
Posted by: arimatsu
月曜日です。
さわやかな1週間のスタートと言いたいところなのですが、残念ながらどんよりスタートしています。
というのも、『カラスのお灸(口角炎とも言います)』が相当悪化しているのです。
どんなものかと言いますと、唇の左右の両端と言いますか上唇と下唇の境目の付け根がひび割れる炎症です。
唇が荒れている時なんかに発生して、そんな時に大きなあくびなんかするとピシッと裂けたりして半泣きになることがありませんか?あれです。
恐ろしいことに、今、左右両端にできています。
痛さと違和感でもうたまりません。
調べてみると、ビタミン不足が原因だとか、体力や免疫力が落ちている時にヘルペスウィルスが活発になって起こるとか情報がありましたが、食事の栄養のバランスはさほど悪くはないと思いますし、年間を通して繰り返すので後者かなと思っております。
このカラスのお灸といい、貝類に中る体質といい、生き死にには直接関わらないものばかりですが、本当に手間の掛かる体で困ってしまう今日この頃です。

ところで、最近のニュースを見ていると、司法書士で戸籍の不正取得で逮捕者が出ているようですね。
それも、かなり大規模・組織的かつ複雑な事件で相当悪質なようですね。
司法書士が関わっていることが本当であれば許せないことだと思います。
司法書士が行う戸籍や住民票の職務上請求は、その名のとおり受任した事件に関する職務上必要な範囲でのみ行使できるものです。
それ以外では請求することは一切できない限定的な職務権限ですが、逆に言えば職務上の範囲であれば依頼者自身が請求することが困難、あるいは請求することができない書類でも手に入れることができる大変強力な権限です。
しかし、このような強力な職務権限を司法書士が持っているのは、それを与えた行政から、ひいては国民から「職務権限外で職務上請求書を使うようなことは司法書士ともあろう者がするはずがない」という信頼があるからだと思います。
成年後見での横領事件なんかでも、同じことが言えると思いますが、このような事件が起きると、そういう信頼を裏切ることになりますよね。
無論、事件が起こすのは司法書士個人ですが、事件によって国民の信頼を失うのは全国の司法書士業界全体です。
これは本当に真面目にやっている司法書士が迷惑なことだと思います。
私は個人的には司法書士も職業なので、自分の責任が取れるの範囲でお金儲けを考えながら行動しても別に悪くはない思っています。
しかし、こういう事件を起こして明るみに出れば、全国に司法書士が厳しい目で見られてしまいます。
被害者への責任など当たり前です。
どうやって事件を起こした司法書士の目の見えないところ真面目にやっているたくさんの司法書士達に対して責任を取ってくれるのでしょうか?
懲戒処分で自分が二度と司法書士でメシが食えなくなるくらいで責任を取ることにはならないと思うのですけどね。
11年11月11日 14時42分03秒
Posted by: arimatsu
いよいよ寒くなってきましたね。
我が家でも今週からストーブを出したりホットカーペットを敷いたりと始めました。
あと、エアロバイクと言ったらいいのかな、風邪の予防に10㎞の自転車こぎ運動も始めました。
負荷はなしで時間にして30分弱の運動ですが、以前続けていたら風邪を引きにくかった覚えがあるので、結婚以来なかなか忙しくて気持ちの余裕もなかなかなくてご無沙汰していたのですが、久々に再開しました。
風邪の予防以外に、これやっていると、自転車をこぐ為の筋肉が鍛えられますので実際に自転車をこぐ時にかなり楽になりますね。
しかし、できれば時間を作ってインフルエンザの予防接種も受けたいものです。
以前、インフルエンザに罹って40℃の熱を出してひっくり返りましたから、二度とあんな思いはしたくないですからね。

さてさて、今週は11月度の支部研修部の会議が開催されました。
今回の議題は主に年を明けてからの研修のテーマの検討となりました。
今月の勉強会を除くと、残る研修は2月3月の勉強会。そして3月の業務研修会です。
テーマとしては債務整理問題・消費者問題・倫理・登記とコマ数が少ない割りに多岐にわたる内容でやりたいと思っております。
私も1コマ担当することになりそうですが、どれを担当するかはもうしばらく内緒にしておこうと思います。
別に勿体つけているわけではありませんが、これから勉強して研修のプランを考えたいと思っておりますので。
«Prev1Next»