2011年 6月の記事一覧

«Prev1Next»
11年06月30日 10時28分58秒
Posted by: arimatsu
この1ヶ月いろいろありました。
総会あり、理事会あり、研修部会あり。
プライベートでも先週末引っ越しをしまして、やはり歳ですかね…疲れと筋肉痛が全然取れません。
山のような段ボールがいつになったら片付くことやら…
まあ、そんな中でも日々なんとか暮らしております。

ところで、そんな私の状況などお構いなしに事業が始まってしまいました。
いよいよ第1回勉強会が6月28日に直方地区で開催されました。
テーマは「成年後見の申立」で、テーマがテーマですので、リーガルサポートとの共催です。
成年後見はリーガルサポートが主となって取り組んでいる仕事ですが、司法書士としては家庭裁判所に提出する書類の作成は当然に業務範囲には入るわけで、依頼があれば拒否する正当理由がない限り引き受けないといけないわけですから、リーガルに所属していようがいまいが身につけなければならない知識ですので、研修部としても平均して2年に1回くらいのペースで申立に関する勉強会を開催させていただいております。
今回の研修では事前の相談の対応、司法書士からの説明、そして申立人・本人とのコミュニケーションの重要性を本当に感じました。
成年後見は、申立の目的と申立てた結果に大きなギャップが出る可能性の高い業務です。
申立てをする前から、考え得る結果を最大限説明して納得していただいて業務を遂行しないと、司法書士自身も大変なトラブルに巻き込まれるのですね。
他にもいろいろ感じる所はあったのですが、まとまらないのでこれくらいにしましょうか。
しかし、今回の研修は講師の先生の実際の経験も交えたとてもリアリティのある講義で本当におもしろかったです(もちろん毎回素晴らしいしおもしろい研修なんですけどね)。
講師の先生、参加していただいた受講者の先生方、そして設営等をして下さった研修部のみなさん、ありがとうございました。そしてお疲れ様でした。
11年06月10日 12時02分14秒
Posted by: arimatsu
季節は梅雨!6月に入って、暑いというか湿気でムシムシしてきましたね。
月末には家の引越が控えているのですが、まずいタイミングだと思えてきました。せめて当日は雨だけは降らないでほしいものです。

さてさて、たしか2年ほど前になると思うのですが「オンライン申請の登記原因証明情報のPDF送信」というブログ更新をしたんですが、今回はそれに関連したネタです。
実は数ヶ月前オンラインで申請した抵当権抹消と所有権移転で抹消の登記原因証明情報に2文字脱字があり取下げとなりました。
登記原因証明情報の差し替えも考えましたが、幸い、金融機関の融資等も絡んでいなかったので、再度閲覧の上で何も変な登記が入ってないことを確認して2文字訂正して再申請して事なきを得ました。
今回まさにあの時のブログに書いたリスクがそのまま我が身に降りかかったわけですが、改めて釈然としない気持ちです。
オンライン申請は登録免許税が安くなるんですよ。
司法書士としては依頼者にとって節税出来る選択肢があるなら選択する義務があると思うんです。
もし、選択しないのならその旨依頼者に説明する義務がありますが、説明すれば依頼者は「安くなるなら、安くなる方でやってくれ」で「そういうリスクがあっても司法書士はプロなんだから失敗しないよう期待する」とくるのが自然でしょう。
そして、司法書士も失敗しないように最大限の努力はしますが、前にも書いたとおり、司法書士だって人間ですからミスをすることもありますよ。
そのミスを担保する制度がないなんておかしいですよね。
今は、登録免許税が安いから、たくさんの司法書士がドキドキしながらオンライン申請をしていると思いますけどね、この減税がなくなった時どうする気なんでしょうかね。
多分一斉に稼働率は落ちるんじゃないでしょうか。
私としては、恐い思いさせながら、お金ちらつかせて無理矢理使わせるシステムじゃなくて、利用する国民や資格業者が、リスクは紙申請と変わらないけどすごく便利の良いシステムだ。減税制度がなくなっても使っていきたいな。と思えるようなシステムであるべきだと思いますね。
件の取下げは数ヶ月前のことでして、なんでその時じゃなくて、今書いたのかというと、取り下げた心の傷が癒えるのを待っていました(笑)

ところで、このブログを書こうとしたらなんと2年前の書き込みにコメントがついているじゃありませんか!?
既にこのネタを書こうと思っていた矢先なので驚きました。
同じように思っていらっしゃる同業者もいるんだと、なんとなくシンパシーを感じました。
ありがとうございました。
«Prev1Next»