ついに本年度の筑豊支部研修部の事業が始まりました。
第1弾は5月24日の公証役場との意見交換会。
そして、6月3日の第2弾として今回の勉強会です。
今回のテーマはDV(ドメスティック・バイオレンス)と生活保護。
正直、司法書士のあまり得意としない分野ですし、直接関与することはあまりできない分野です。
そういう面で、会員の皆様の「食いつき」はあまり良くなかったようです。
しかし、内容はすばらしいもので、特に生活保護に関しては、司法書士としてと同時に地域に暮らす市民としてとてもためになる研修でした。
今回の研修を参加しなかった会員の皆様はちょっともったいないことをしたなと思うと同時に、ためになると言うことのアナウンスが足りなかったことを反省する結果となってしまいました。

さて、最近ブログの更新が物足りない気がします。
今後は、仕事(守秘義務があるのであまり書けないですけど)や研修のことだけじゃなくて、普段の生活のもこと書きたいと思います。
これ書くと、どうしてもオタク節炸裂になりそうな気がしますけどね。