2009年 7月の記事一覧

«Prev1Next»
09年07月28日 17時04分37秒
Posted by: arimatsu
司法書士の仕事の中心は不動産登記ですが、それに関連して取引と呼ばれる不動産の売買に立ち会う仕事があります。
売主・買主が会して、所有権移転登記に必要な書類を出し合って、それを司法書士が確認して、OKが出たら、買主は売買代金を支払います。
実際には、それに追加して売主の名変(住所変更や氏名変更)・既存の担保権の抹消や買主の担保権の設定の登記の書類もチェックすることも多いです。
大体の所はその場で全部やることはまれで、事前に各当事者や仲介業者に連絡を取って、最大限、事前に書類を預かる或いはFAXをしてもらって、内容のチェックを済ませて、取引の段階では原本チェックや最低限の記名押印だけで済ませるような状態にすることが多いですし、事前にどこまで準備ができたかが大事なことだと思います。
そうすることで、取引から申請までのタイムラグを少なくすることができますからね。
しかし、どんなに準備を万全にしても、書類のチェックが終わって「はい、代金の決済してください」と一言言う瞬間は緊張するものです。
この一言で、何百万、多い時は何千万のお金が右から左に動きますから、どんなに書類はバッチリだと確信していてもドキドキします。
また、この緊張感が司法書士業の醍醐味かも知れませんね。
09年07月23日 17時27分00秒
Posted by: arimatsu
昨日は皆既日食でしたね。
私の地元では曇っていたのですが、その時だけは一時的にお日様が顔を出していまして、私も何とか見ることが出来ました。
さて、先日、第4回の研修部会を開催しました。
今月からは新入会員も方にもオブザーバーとして参加していただいて、より活発な議論を期待しての開催となります。
今回は、先月の拡大研修部会の報告や、今後の勉強会・業務研修会のテーマ検討などを行いました。
事業も進むにつれて、検討事項も多くなり、序々に会議時間も長くなる傾向があります。
しかし、無駄な議論はしてないし、良い会議になっていると思いますし、その会議の結果、筑豊支部の研修事業は評判の良いものになっています。
本当に、研修部員に皆様には感謝したい気持ちです。
出来の悪い研修部長で皆様には本当にご苦労をお掛けしますが、任期一杯どうぞよろしくお願いします。
09年07月19日 12時19分29秒
Posted by: arimatsu
お久しぶりです。
かなりブログをサボってしまいました。
あえて、言い訳をさせていただけるならば、先週は忙しくてブログを書くヒマがなかったし、守秘義務がありますからその忙しいネタを書くわけにもいきませんでした。
そんな流れで、週末には更新しようと思ったら、金曜日の夕方からお腹の調子がおかしくなり、そのまま下痢と発熱です。
下痢止めも解熱剤もまったく効果なくトイレの前で脂汗をかいておりました。
昨日の夜にようやく熱は下がり始めたのですが、下痢はまだ回復しておりません。
喉が痛くなったりクシャミや鼻水が出るわけではないので、おそらく疲れだと思いますが、最近多いです。
連休はおとなしくしておくしかないでしょうね。
しかし、久しぶりのブログ更新が汚いネタで終わってしまったことが残念です。
09年07月13日 16時29分15秒
Posted by: arimatsu
昨日のことです。
いつものように休日出勤して書類作っていたら、既にお客さんに送って手続の回っている書類の中にミスを発見しました。
これは、焦りましたね。
とはいえ、休日ですからどうすることもできないので、ドキドキしながら熟睡ながらもお客さんに説明したり謝ったり四苦八苦する夢を見ました。
今朝、大慌てで、ミスった仕事のフォローです。
まだ、結果は出ていませんが、これ以上のミスがなければなんとかなりそうです。
不幸中の幸いだったのは、仕事の最終段階より前で発覚したことです。
悪いタイミングで発覚すると手続が遅れますからね。
仕事には細心の注意を払っているつもりですが、やはり人間のやることですからミスはつきものですね。
しかし、マーフィーの法則と言いますか、「この仕事だけはやり損なわずに順調に終わって欲しい」と思うものに限ってやり損ないますね。
この仕事はまだ最終段階まで行っていませんから、これからも今まで以上に気を付けて続けていかないといけないですね。
09年07月09日 16時53分11秒
Posted by: arimatsu
先日、筑豊支部の理事会が開催されました。
新体制になって初の理事会です。
拡大研修部会とは逆に、続投組・復活組が多いメンバーであまり気負わない感じでした。
しかし、2ヶ月ぶりの理事会ということもあり、議題も多く充実度の高い会議となったと思います。
私の預かる研修部からもいくつか報告案件と議題を上げさせてもらいました。
長い会議の好まない我々は、大体どんな会議も1時間で終わらせるのですが、今回は1時間30分掛かりました。
意外な感じです。
しかし、毎度毎度理事会で思うのですが、最近の司法書士会は相談事業が本当に多いですね。
公益法人改革で、新法での公益法人になれるかなれないかで、世の民法法人は大騒ぎですが、もし司法書士会がこの手の法人の範疇に入っていたら、相談事業なんて、絶対世のため人のための公益事業でしょうから、公益認定なんて楽勝かななんて気がしますね。
しかし、そういう楽勝な法人に限って今回に改革の範疇に入らない。
なんだか不思議な感じがしますね。
09年07月07日 16時14分06秒
Posted by: arimatsu
本当は先週の話題なのですが、書き込もうとした日に例の私の師匠のご不幸の話題を書くことにしたので今日になっちゃいました。
さて、言い訳はこれくらいにして、先週、勉強会を開催しました。
今回の研修テーマは「昨今の懲戒事例についての考察」
今回はテーマがテーマなので内容については詳しく書けませんが、とても為になる研修となりました。
何より、講義終了まで一人の途中退出者もいなかったことに驚きました。
私も長い間研修部長をやっておりますが、こんな事は初めてかもしれません。
ちょっと小さな感動を覚えました。
これは、講師の先生の力が大きかったと思います。
暗くなりがちな「懲戒」というテーマで、実に詳しく研究をして、実にわかりやすくそして受講者の興味を引くようにお話しをしてくださいました。
支部では、今年度から研修終了後に受講者の何名かから感想を募っておりますが、今回は良い感想が出るような気がしますので期待大です。
09年07月03日 17時50分38秒
Posted by: arimatsu
福岡県司法書士会には配属研修制度があって、合格したての新人司法書士(又は資格者)は、数ヶ月既存の事務所に無給で居候させてもらって、そこで書類の綴じ方とか、収入印紙と登記印紙の使い方とか、実務の主に作業の部分を勉強させてもらいます。
本来の配属研修の趣旨や内容はこういう物ではないと思いますが、私は、新人司法書士という者は最新の法律に基づいた試験に合格していますから、理論や法知識という面では現役よりも高いスキルを持っていて、要は配属研修でその知識を執務の現場で使いこなせるように実務の作業のイロハを教えればいいと思っています。
話がそれちゃいましたが、私も10数年前に配属研修を受けたのですが、先日当時配属研修でお世話になった司法書士の先生がお亡くなりになりました。
まだ、51.2歳だと思います。
本当にまだお若かったですし、私にとっては師匠と言える立場の方です。
今日、お葬式に行ってきました。
まだ、小学生の双子のお子さんがいらっしゃって、出棺の際に娘さんが号泣されていたのが、私の目頭にも少し刺激になってしまいました。
思えば、私が配属研修中にこのお子さん達が生まれて、先生の「顔が溶けちゃうんじゃないか?」と思うほど顔がゆるみきった喜びようが今も思い起こされます。
当時、補助者をされていた方にも数年ぶりにお会いしましたが、こういう場でお目に掛かるのは本当に残念に感じました。
まあ、他にもいろいろ思うこともあるのですが、ご遺族が早く元気になられることと、先生にご冥福を心よりお祈りしたいと思います。
合掌
«Prev1Next»